マフィアダラー

Short Review

硬派なギャングスター達へ

Youtubeトレイラーより
メーカーKompass Spiele
発売年2012年
作者Heiko Weyen
プレイ人数2-6人用
対象年齢12歳以上

ゲーム概要

禁酒法の苦しさを知るカードゲーム

2012年のエッセンで発表された、禁酒法時代のマフィア抗争がテーマの小箱カードゲーム。カード総枚数173枚。メーカーのコンパスシュピーレはドイツの同人メーカーのようなものらしいです。ギャングの抗争を銃の撃ち合いからこのゲームに変更するとかしないとか。

禁酒法時代のマフィア抗争と言えば、エリオット・ネスを主人公とした「アンタッチャブル」が有名。このゲームでも、警察の目をかいくぐって酒や女などのシノギで得点を伸ばします。禁酒法の終わりを告げるカードがひかれたらゲームは直ちに終了し、ひいたプレイヤーには「帰って一杯やるさ」という有名な台詞を吐くチャンスが与えられます。

1カ所のアジトから出発し、マフィアの構成員を雇って次第に組織を拡大していくサクセスストーリー。構成員には武器を装備させたり、強盗のスキルを身につけさせたりすることができ、他人の構成員をあの世に送ることもできます。構成員は、他人の倉庫や構成員を襲ったり、通りでシノギを獲得したりできます。

手番が来たら、山札からカードを一枚ひき、手札からカードを1枚プレイします。構成員カードをだせばその構成員を雇えますし、お邪魔カードをだせば他人の構成員を足止めしたりできます。

このゲーム最大の売りは”ドラフトシステムをカード押し付けに利用したこと”だと思います。カードの中には滅茶苦茶マイナスなカードが含まれており、ゲーム終了時に持っていることが”負け”を意味するようなものがあります。このカードを引いてしまったら、「少々マイナスな事が起きるけど”全員が手札から1枚ずつ左隣にカードを送れる”という能力」のカードをプレイしてカードを隣のプレイヤーに送ってやり過ごすことができます。

Youtubeトレイラー

なんとこのゲームにはYoutubeのトレイラー映像があります。シュールな三文芝居を是非ご堪能ください。



総評

小箱カードゲームに色々詰め込んだ!って感じのゲームです。しかし、これだけ色々なことができるゲームで、1手番にプレイできるカードが1枚というのがあまりに厳しいルールでした。プレイは遅々として進まないし、手番ごとに1枚しかない補給では、ロクなカードがひけずに、ほぼ何もできないまま終わってしまうというアブナイ面も持っていました。何より、ゲーム終了タイマーも兼ねる173枚ものカードがうずたかく積まれる前で、延々とカードを1枚ずつ補給していくという苦行がまさに禁酒法でした。もはや下を向いたまま苦行に耐えるプレイヤーも出てしまう始末。カードに書かれたダイス目のようなものが構成員同士の戦闘などでの判定に利用されるため、カード山がどんどん使われることをイメージしていたのかもしれませんが、1手番に1枚のプレイでは中々戦闘も起きません。マフィアをテーマにしておけば一定数は売れるという算段でしょうか、同人ゲームのヤバさを体感しました。ディベロッパーの存在は重要なのです。

単純にYoutubeトレイラーのシュールさを共有したかっただけです。

購入先情報

絶版です。

タイトルとURLをコピーしました