ストーンエイジ ジュニア カードゲーム

Short Review

お手軽メモリーセットコレクション

メーカーHans im Glück
発売年2017年
作者Marco Teubner
プレイ人数2-4人用
対象年齢4歳以上

ゲーム概要

対象年齢を1歳下げたストーンエイジ ジュニア

同作者のストーンエイジ ジュニアのカードゲームバージョンです。要素が少なくなっている分、対象年齢が1歳低い4歳〜となっています。大きなマンモスの駒、マーティンが子供に人気です。

「家カード」と「材料カード」の2種類が入っています。ゲーム開始時、各自に家カードを1枚ずつ配ります。その家を建てることができたら次の家カードを1枚もらいます。ゲームの目的は、「家をいち早く3軒建てること」です。本家のストーンエイジ ジュニアと一緒ですね。

4マスまで動けるマンモス

手番では、マンモスを1〜4マス動かして、移動先のカードを見ます。そのカードが自分の建築したい家カードの材料とマッチしていれば、カードを受け取って新たに補充します。

手番の終了時に、材料カードが家の建築条件を満たしていれば自動的に家が建ちます。使用した材料カードは捨て札とし、新たな家カードを1枚受け取って次の建築目標とします。

犬はジョーカー扱い

最初に3軒の家を建てたプレイヤーが勝利します。



総評

Bronze

本当にシンプルなメモリーとセットコレクションのゲームです。コンポーネントがカードと大きなマンモス駒だけのため、誤飲の心配なく小さい子供と遊べます。

極限まで要素を絞り込んだキッズメモリーゲームです。テーマとイラストが可愛らしいので最初に遊び始めるゲームとして良いものだと思います。想像力を刺激されるゲームですよね。複雑なゲームを最初から遊べる子供もいれば、そうでない子供もいると思います。シンプルなゲームが役に立つ場面もあるのが子育てってやつです。

購入先情報

駿河屋

ボードゲームストーンエイジジュニアカードゲーム (Stone Age Junior das Kartenzpile) [日本語訳付き]

タイトルとURLをコピーしました