テレストレーション

面白かった? それなら君の勝ちさ!

メーカーTendays Games
発売年2009年
作者N/A
プレイ人数4-8人用
対象年齢12歳以上

ゲーム概要

アメリカ発の伝言ゲーム「テレストレーションズ」です。皆さんも幼い頃、「伝言ゲーム」を遊んだ経験があると思います。そう、お題を人づてに伝えて行くうちに不思議と内容が変わって行き、最後には想像もつかないようなものに変身するというアレです。

それをさらに進化させ、爆笑必至にしたのがこのゲーム。古来の伝言ゲームが言葉で単語を伝えていくのに対し、このゲームは絵と文字で単語を伝えて行きます。

ゲームには、何度も書けるホワイトボード仕様のスケッチブックと専用ペンが付属しています。

お題はなんと1700以上の言葉が用意されています。発売当時、自分でルールを和訳してお題も全て日本語化しました。現在は、テンデイズゲームズより日本語版が発売されています。

カードには、サイコロの目ごとにお題が記載されています。ラウンド開始前に各自がランダムにカードを選び、皆でサイコロを1つ振ってお題を決定するわけです。

それを秘密裏にスケッチブックの最初のページに記載し、

絵と言葉の交互の伝言ゲーム

お題

絵1

絵1から類推した言葉

絵2

絵2から類推した言葉

というように絵と言葉を交互にして伝言ゲームを進めて行きます。

「アイスクリーム屋」

「アイスクリーム屋」という言葉はこんな絵になったりする訳です。終了時、最初のお題と最後の言葉が一致していればスケッチブックの持ち主に得点が入ります。また、各段階において、お題の伝達に貢献したプレイヤーにも得点が入ります(競技用ルール)。その他に、ただ単に面白かったスケッチブックに投票して得点を競うルールもあります。



プレイ記

自宅ゲーム会にて、ヒロシ、ナカ、カジ、ブンと5人プレイ。もはや説明は要らない、さてどんな画伯が現れるか。

<お題:結婚式場>

COQ
COQ

大学闘争かと思った

<お題:ブートキャンプ>

COQ
COQ

なぜわざわざ「ロボット」をつけた?

<お題:歌姫>

「カラオケ」→「カラオケ」を書いたプレイヤーには一応得点が入る。

<お題:転覆>

座礁って書けるところがすごい。

<お題:軟体動物>

カジ
カジ

タコに吸盤を書いている暇があったらイカを書いてくださいよ!

<お題:白雪姫>

これは最後まで行った例、カジ(2つめの絵)は中々に絵心がある。最初の絵はCOQ画伯。

<お題:有害廃棄物>

最初は洗濯機かと思った。有害廃棄物用の特殊ゴミ箱を書いたらしい。確かに、注射器ならそれだけ書くよねー。

<お題:中立>

ヒロシ
ヒロシ

聞く人からのマギー審司、、アメリカのゲームだって説明してただろ!!

<お題:富士五湖>

おしいッ!なぜ最後にカルデラ湖。

<お題:ヒッチハイク>

一応親指は立てているんだけどね!

<お題:独立記念日>

COQ
COQ

夫婦喧嘩?

<お題:床下>

そこに矢印つけたらこうなるよね。

<お題:射出座席>

緊急脱出するアレだよ!



総評

Platinum

鉄板。説明は要らないですね。
当時、見つけてすぐに米国Amazonから購入しました。だって、面白くないわけがないもの。

点数の計算等もあるにはありますが、面白ければ皆の勝ち。勝敗はおまけです。

プレイ中、抱腹絶倒、はらわたがよじれるほど、涙を流す程笑えます。大人になるとここまで笑うことは珍しく、こんな感覚は忘れかけていたましたが、大笑いするって気持ちのいいものです。友人達の笑っている姿と合わせて、購入して良かったと思いました。

実は、宴会の企画などでも盛り上がります。その時は、デジカメで撮影してスクリーンに投影しましょう。

購入先情報

駿河屋

Platinum
<広告>
COQをフォローする
The Board Game Laboratory – Rebooted!!
タイトルとURLをコピーしました