三頭政治

Short Review

世にも珍しい2人用トリックテイキング

メーカーIndie
発売年2009年
作者Travis Worthington
プレイ人数2人用
対象年齢12歳以上

ゲーム概要

ローマ時代の三頭政治を題材にした2人用トリックテイキングゲーム。トランプを使ったゲームには幾つか有名なものがありますが、独立したカードゲームで2人用トリックテイキングというのはとても珍しいです。イラストも綺麗。

ゲームでは、三頭政治らしくそれぞれのキャラクター(ポンペイウス、クラッスス、カエサル)に対応した3種のカードを使用します。それぞれのカードの内訳は0〜8が1枚ずつ。このうち、3、5、7のみが得点源となるカードとなっています。

このカードを各自に配り、1枚ずつマストフォローでプレイしていきます。各トリックの支配する色を決め、先に3つのトリックを支配した色をそのラウンドの勝利色としてボードにマーカーで記録します。そして、このマーカーが先に3つ揃った陣営が勝利した勢力となるわけです。

プレイヤーは、この勝利を予想し、マーカーがのせられる度に自分の手札から得点源となる3、5、7のカードをボードの裏に忍ばせていきます。見事、この予想が当たっていれば、忍ばせた数字がそのまま得点となります。しかし、5や7のカードは強力なので、序盤に自分の応援している勢力のカードを忍ばせ過ぎるとトリックを成立させずらくなるのが苦しいゲームです。

試しに各勢力の7を全て忍ばせてみましたが、勝てませんでした(当たり前か)。かなりバランスのとれている良いゲームだと思います。



総評

Silver

2人用のトリックテイキングゲームというのは珍しいので、1度プレイしてみて損はしません。トリックテイクが好きな方もそうで無い方も引き込むゲーム性を持っている逸品だと思います。アートワークもとても綺麗です。考え所もあり、2人ですがちゃんとトリックテイキングしている感があります。

残念ながら絶版になって久しいのですが、面白いので是非再販してもらいたいものです。

購入先情報

絶版です。

タイトルとURLをコピーしました